睡眠と電球Part1

みなさんは、よく眠れますか?

私は寝つきは結構いいのですが、3,4時間後に必ず目が覚め、それ以降は寝ているのか起きているのかよくわからない状態で何度も目覚まし時計で時間を確認し、

「嗚呼、もう起きる時間になっちゃったよ」

という繰り返しの日々。こんな習慣になりはや2年。不思議とそれでも朝は割りとすっきりしてます。が仕事帰りはへたって、必ず電車の中で20~30分は寝ています。

どうもアラウンド50の人々はこういう人が多いようです。

とにかく質のよい睡眠を取るにはどうしたらいいのか、まぁあまり危機感はないのですが色々調べたところ、嗚呼、なるほどという推測にぶち当たりました。

それは現代人の睡眠環境が電球の発明により変わったと。*エジソンのおっさんのせいで我々は睡眠不足になっているらしいのです。

*電球を発明したのは多くのひとはエジソンと答えるだろうが、最初に作って特許を取得したのはイギリスのジョセフスワンで、エジソンは実用化したに過ぎない。

電球が登場するまで、人間は太陽を頼りに一日のサイクルを組み立ててきたため、人間の体内時計は日の出、日の入りを基準として設計されています。電球の登場は、このサイクルを破壊、より遅くまで起きることとより早く起きることを人間に強いることになりました。2012年の研究では、社会人の30%は6時間未満の睡眠時間でしたが、50年前にはわずかに3%未満しかいなかったということです。

電球の登場は生活を豊かにした反面、寝不足人間を作ったわけですね。

いやでもなぜ今の人間のほうが長生きしているのだろう。まぁ、それを深追いすると眠れなくなるので今回はやめておきますが、ようするに、

物事には必ず光と影があるということですね。


続く。

*お知らせ

Shotgun Music-著作権フリー音楽配信サイト

動画用BGM,YouTube用BGMをお探しの方、Shotgun Blue作成音楽を聴いてみたい方はぜひ、サイトへどうぞ。

視聴をぜひ。


Shotgun Blue Presents

管理人"SHOTGUN BLUE"のプライベート活動の情報です。 ブログ5種、音楽作成&販売サイト運営しています。

0コメント

  • 1000 / 1000