女は20000語話す

女性は遺伝子のせいで男性よりも多く話す 正確にいうと、1日1万3000単語も多いそうです。

女性はFOXP2というタンパク質を男性よりも多く持っていると研究者が発表した。
一日に話す平均単語数は2万。これは男性よりも1万3000多い。
米国の研究者によると、「言語タンパク質 language protein」とも言われるFOXP2遺伝子は、会話に関連している脳のたんぱく質だという。

 そもそも、男女では会話の「量」が違います。同書で紹介されている米メリーランド大学の研究結果によると、男性が1日に発する単語数は平均7,000語。一方、女性の場合は平均20,000語――

私は、男は黙ってサッポロビールを地で行く寡黙な男であり、沈黙は金なりというスパルタ教育を受けた男なので、7000語でさえ多すぎると思います。

普通の挨拶、腹減った、あとは仕事上の会話etc.おそらく私は1日200語(日によっては50語くらい)くらいしか言葉を発してないような気がします。

女性は話すことがストレス解消につながるらしく、「結論」が欲しいのではなくて、「共感」してもらえればいいとのことです。

確かに女性の話はとりとめが無く、おちもなく、突然話が飛び、深刻なことを話しているのに、運ばれた料理をみて「おいしそう」と目を輝かせたり、理解不能でございます。

私は女性の話はいつも途中で飽き、聞いているふりをしてしまい、結局はちゃんと聞いてよと怒られます。嗚呼、要点だけ話してくれ、と心の中で叫んでいます。

【女性】脳幹が太いゆえに一度にたくさんの事を考えられる=「共感脳」⇒調和を求める
【男性】脳幹の狭さゆえに一つ一つの考えに集中する=「解決脳」⇒進歩を求める

ということらしいです。

*お知らせ

Shotgun Music-著作権フリー音楽配信サイト

動画用BGM,YouTube用BGMをお探しの方、Shotgun Blue作成音楽を聴いてみたい方はぜひ、サイトへどうぞ。

視聴してみて下さいませ。


Shotgun Blue Presents

管理人"SHOTGUN BLUE"のプライベート活動の情報です。 ブログ4種、音楽作成&販売サイト運営しています。

0コメント

  • 1000 / 1000