リターン・トリップ・エフェクト

リターン・トリップ・エフェクトとは、簡単にいうと行きより帰りのほうが、時間が短く感じるという現象のことです。

2011年、科学誌「Springer」に掲載されたオランダ・ティルブルグ大学が行った3つの実験結果から分かった研究結果によれば、帰り道が短く感じる理由は慣れではないようです。
毎日のルーチンは新しい体験よりも作業が楽になるため、一度経験したことのある往路よりも早く辿り着くことができるのでは?という推測がなされましたが、移動時間や道を覚えているかどうかは関係なかったと言います。

う~ん、私は旅行など楽しいことはじらされ、すぐにはやってこないから行きは遅く感じ、

帰りは現実に戻るあきらめの境地から早く感じるのではないかと思いましたが違うようです(笑)。

これまでの調査結果から、この効果の原因が道に依存するものではないということが言えます。さらに調査を進めていくと、帰り道を短く感じる効果の原因は慣れよりも往復にかかる時間の「予測」にあることがわかりました。つまり、
01.人は往路にかかる時間を短く見積もっている。02.予測した時間よりも、実際にかかる時間が長くなる。03.その経験から、復路にかかる時間を過剰に見積もる。04.結果、帰り道は予測よりも早く目的地に到着する。05.行きよりも帰り道のほうが短い、という感覚を覚えるのではないかというのです。

まぁ、これが100%正解というわけではないとのことです。

私としてはリターン・トリップ・エフェクトよりも、なぜ休日はあっという間に終わるのか(まさに瞬殺、土日が3秒くらいに感じます)を研究してもらいたいものです。

つまり楽しい時間がやってくるまでは長くて、楽しい時間は短いのか、嗚呼とっても不思議なのです(笑)。

*お知らせ

Shotgun Music-著作権フリー音楽配信サイト

動画用BGM,YouTube用BGMをお探しの方、Shotgun Blue作成音楽を聴いてみたい方はぜひ、サイトへどうぞ。

視聴(試聴)してみて下さいませ。



Shotgun Blue Presents

管理人"SHOTGUN BLUE"のプライベート活動の情報です。 ブログ4種、音楽作成&販売サイト運営しています。

0コメント

  • 1000 / 1000